ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.02.06

まつぼっくりで火起こし

カテゴリ: タグ:, ,

 

ぐずついた天気で、薪ストーブが欠かせない毎日ですね。

 

私はまだまだ薪ストーブ初心者で、薪に火が付くのがうまくいく日もあればいかない日も・・・。

 

薪に火がつくために新聞紙などの紙、木材の端材の焚き付けを空気が通るように入れて薪を組むのですが、

紙に火をつけると、入れ方が悪い時は焚き付けに火がしっかり付かず紙が燃えるだけ(-_-;)

 

寒いのでささっとやりたいところですが、上手に入れないとなかなか室内が暖まりません。

 

紙だとすぐに燃えてしまって焚き付け材に火が付きにくい・・・。

そこで「まつぼっくり」を焚き付けに使って薪ストーブの火入れを試してみました。

 

 

 

紙の代わりにまつぼっくりを置き・・・

 

 

まつぼっくりに火をつけ、少し待つと焚き付けに火が付きはじめました。

 

 

数分で薪にも火が回り、あっという間でした!

紙だと横に燃え広がる感じですが、まつぼっくりだと安定した火が上にいくので、

焚き付けにも付きやすいのかと…!

 

小さいまつぼっくりだったので4~5個入れたのですが、実際にやってみると

1~2個程で十分薪に火がつきます!

(たくさん燃やし過ぎると煙突が汚れやすくなる可能性があります。)

 

火起こしが苦手な方、ぜひ一度お試しください◎

まつぼっくりはよく乾燥させたものを使ってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です