ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2022.03.30

外皮平均熱貫流率(UA値)

カテゴリ:, ,  タグ:,

最近、お客様から質問が多い 外皮平均熱貫流率(UA値)!
屋外にどのくらい熱が移動するかを表す指標が熱貫流率です。
外皮熱貫流率とは、住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅です。
・・・・で当社の標準仕様でのUA値は!

 

北杜市4地域でお引渡しをさせて頂いたお宅の計算式です。

 


建物の大きさサッシの性能と面積断熱材の種類や厚さなど入力
 


屋根・壁面積も入力
 

 

算定結果は外皮平均熱貫流率(UA値)
0.45W/㎡k(等級4 基準値0.75以下)
断熱等級4はクリアです。

 
八ヶ岳の景色を愉しむために開口は大きく
でも断熱はしっかりとしなければならないので
そのバランスが難しい。。。
OMソーラーの快適さは外皮計算では表現できないのが残念です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です