ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2021.01.26

うまいもんだよ

カテゴリ:,  タグ:

山梨には「うまいもんだよ、南瓜のほうとう」という言葉があります。

山梨県の郷土料理、ほうとうを表す言葉ですが、

南瓜がたっぷり入った熱々のほうとうは、本当にうまい!(笑)。

 

ほうとうに南瓜は必須といっても良い、必ず入れて欲しい野菜ですが、

南瓜以外にもたくさんの野菜を入れて食べるほうとうは、

麺料理というよりも鍋料理に近い気がします。

 

寒い冬にぴったりなほうとう。

まだこの冬、食べていなかったので作ることにしました。

「ほうとう、作ったことない~」という方、

良かったら作り方の参考にしてみてください(笑)。

 

まずは材料から

・ほうとうの麺

・和風のだし・・・煮干しでも昆布でも鰹節でもお好きなダシを。

・味噌・・・甲州味噌がおすすめ

・野菜いろいろ・・・南瓜、大根、ゴボウ、ニンジン、白菜、

ジャガイモ、里芋、椎茸、しめじ、長ネギ、などなど。

・お肉・・・豚小間切れ、鶏肉でも良いです。

 

 

今回は、北杜市高根町にある「フジハラセイメン」さんの生ほうとう麺を使用しました。

ここの麺は何を食べても美味しいです。

ラーメンもつけ麺も、お店の味に負けない仕上がりになります。

 

ほうとうは、味噌味が基本ですが、ほうとうの味噌は甲州味噌がやっぱりおすすめ。

写真はありませんが、甲府市にある「五味醤油」さんの甲州やまごみそを使いました。

 

 

作り方

1.まずは、麺を鍋でお好みの硬さに茹でていきます。

2.その間にダシを入れた別の鍋で、南瓜、長ネギ以外の野菜を柔らかくなるまで煮込みます。

3.南瓜は電子レンジでチンしておきましょう。

4.お好みの硬さに茹で上がった麺を、野菜が入った鍋に投入~。

5.お味噌で味を調えて、南瓜と長ネギを入れて少しだけ煮込んで終了~。

さて作り方の一番のポイント。

南瓜は別茹でして後から投入することで、

「南瓜、どこ行った!」ということを防げます。

味付けは味噌汁よりももっと濃いめに。

薄味だと、味噌汁に麺入れただけのなんか物足りな~い感じになってしまいます(笑)。

 

出来上がりがコチラ。

汁よりも断然、具が多いですね。南瓜いっぱい入れました(笑)。

ほうとうの麺はどんどん汁を吸ってしまうので、

完成したら七味唐辛子をたっぷりかけて速攻食べましょう。

写真なんか撮っている場合じゃないです(笑)。

3人家族ですが、4人分の麺をしっかり完食しました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です