ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2020.05.28

明野さくらんぼ団地

カテゴリ:,  タグ:

日照時間日本一といわれる北杜市明野町の浅尾地区。

浅尾地区の農産物というと、「浅尾大根」が有名ですが、

その恵まれた日照から、トマト、パプリカ、豆苗など、大型のハウスが増え、

ここ数年で浅尾地区の風景もだいぶ様変わりしました。

 

その浅尾地区で、20数年前から栽培されている果物にサクランボがあります。

利用者のほとんどが、県外からのツアー客ということもあり、

あまり広く知られていないのではないかと思いますが、数軒の農家さんが栽培をしていて、

会社から数分の場所ということもあり、サクランボの季節にはサクランボ狩りをしたり、

自宅用に購入したりと、時折、利用させていただいてます。

 

先日、その浅尾地区のサクランボ農家さんが新型コロナウィルスの影響で、

サクランボ狩りのツアーがすべてキャンセルされてしまって困っているということを知りました。

丹精込めて栽培したサクランボをダメにしないために、ネット販売をすることにしたそうです。

 

 

 

2020年限定特価 〈ご自宅用〉

Lサイズ以上をバラ詰め 1㎏ 3,000円(税込、送料別)

※種類は「佐藤錦」「高砂」の2種類から選べます。

 

わたしは「佐藤錦」を注文しました。

6月15日頃から順次発送されるということなので楽しみに待ちたいと思います。

 

日照時間日本一の地区で栽培される甘いサクランボ。

気になる方はコチラからご購入可能です⇒ 明野さくらんぼ団地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です