ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2020.04.03

桜の『みのぶまんじゅう』

カテゴリ:,  タグ:

『みのぶまんじゅう』ってご存知ですか?

名前の通り、山梨県身延町で作られている、味噌を練り込んで作った塩味のきいた皮でこし餡を包み、「みのぶ」の文字の焼き印が押されているのが特徴のお饅頭です。

『みのぶまんじゅう』は、身延駅前に店舗を構える「栄昇堂」、

身延山のふもとの門前町に店を構える「甘養亭」など、数軒のお店が販売をしています。

和菓子好き、餡子好きな私としては、山梨銘菓のひとつに挙げて良い和菓子だと思っています(笑)。

 

先日、その中の1軒、『みのぶまんじゅう』の元祖と言われる「甘養亭」の珍しいお饅頭をお客様からいただきました。

『みのぶまんじゅう』といえば、薄茶色の皮に「みのぶ」の文字が有名ですが、

この季節にぴったりな桜色の『みのぶまんじゅう』です。

ほんのり桜の香りに白餡が合って、美味しいお饅頭でした!(^^)!

 

 

そして、金と銀で箱もとても華やかです(笑)。

 

同じ『みのぶまんじゅう』ですが、それぞれのお店で味に違いがあるようです。

心置きなく外出できるようになった時には、『みのぶまんじゅう』食べ比べにチャレンジしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です