ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2020.01.24

アイアンドッグNo.7

カテゴリ:, ,  タグ:, ,

現場で出る端材や、伐採木などを利用して化石燃料の使用を抑えるようにしたいと、

事務所に薪ストーブを設置してから、早いもので9年目の冬です。

 

9年前、事務所に設置した薪ストーブは、

ダッチウエスト社の一番人気の機種、フェデラルコンベクションヒーター。

 

 

事務所の広々とした空間を暖めるため、大きなサイズの薪ストーブに。
最初は「ちょっとゴツイ…」と思いましたが、見慣れてくるとカッコいい(笑)。

丸8年2ヶ月の間、薪ストーブの暖かさや、
美味しい焼き芋などを体感させてくれた薪ストーブですが、
モデルハウス『明野の家』では、今まで通りにダッチウエスト社のエンライトを、
事務所では違ったタイプの薪ストーブを実際にご覧いただけるように、と
新たなものに替えることになりました。

 

煙突から外されて・・・大きなラップでグルグルとくるまれて・・・

 

 

運ばれて行きました・・・( ;∀;)

 

 

ガランとした場所を見ると少し寂しい・・・
今までありがとう・・・(;´Д`)

 

 

 

・・・さて、気持ちを入れ替えて、

作業時間、およそ1時間30分ほどで薪ストーブの入れ替え作業は完了。

新たに設置された薪ストーブに菜月さんが初火入れを行いました。

 

 

新たに設置した薪ストーブを真正面からどうぞ。

北ドイツ・ドレスデンにあるブルナー社のアイアンドッグNo.7。

日本のユーザーの要望に応えてブルナー社が開発したモデルです。

すっきりとしたデザインと、大きなフロントガラスが特徴。

 

 

アイアンドッグは、本体横についているエアコントロールロッドの押し引きで、
空気の流入量をコントロールします。
以前のダッチウエストのフェデラルコンベクションヒーターとは、使い勝手が少し違います。

 

設置して5日が経ち、短時間で焚き付けられるようになりました。

アイアンドッグNo.7は、薪ストーブクッキングをするのにも楽しそうな機種なので、

薪ストーブクッキングも試してみたいと・・・密かに企んでおります(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

4 件のコメント

  • 小山 英大 より:

    はじめまして古沢様
    長野市に住んでいますコヤマといいます。
    楽しいブログですね。そして驚きです!
    私が購入予定の薪ストーブ二台が当時にのっているではありませんか!!
    ダッチウエスト社フェデラルコンベクションヒーター ラージですか?アイアンドッグNo.7よければ感想お聞かせください

    燃費
    暖かさの違い
    購入金額
    などなど 空いた時間で結構です。
    返信とブログ楽しみにしています
    よろしくお願いいたします。

    • yamaguchi より:

      はじめまして。ブログをご覧いただきありがとうございます。
      新しく導入したアイアンドッグNo.7は、4月頃までの2~3ヵ月使用しての感想となります。
      ダッチウエスト社のフェデラルコンベクションヒーターはラージです。
      燃費についてですが、薪の使用料等を実際に計って比較したことがないので、使ってみての感想になりますが、燃費にそれほどの違いはなく、アイアンドッグNo.7の方が若干良いように感じました。
      暖かさについてですが、着火してから部屋が暖かくなるまの時間は、フェデラルコンベクションヒーター ラージの方が早いです。といってもアイアンドッグNo.7が暖かくないという訳ではないです。どちらも真冬の寒い時に、事務所全体(約20畳)をしっかりと暖めてくれました。
      購入金額は、設置する場所、煙突工事等の金額により違いますので、大変申し訳ございませんが、購入される予定の会社様にお聞きいただくお願い致します。ちなみに薪ストーブ本体の価格で言いますとアイアンドッグNo.7の方が少しだけ高いです。値段的にも2台でそれほどの違いはないかと思います。
      どちらも、扱い勝手も良く、とても良い薪ストーブだと思います。
      選ぶのも楽しみのうちですよね。ご検討されて、楽しい薪ストーブライフをお楽しみください。

  • 小山 英大 より:

    丁寧な返信ありがとうございます
    とても参考になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です