ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.06.11

味噌土(みそつち)

カテゴリ:, ,  タグ:,

「長坂の家」は基礎工事中

 

 

捨てコンクリートの打設が終わり 鉄筋・型枠工事が始まります。

 

 

敷地には 床堀りで出た土が積まれております。

茶色い粘性土の他に黄色い土が混じっていますが

この土は 味噌土と言われ、長野県と山梨県の八ヶ岳北部から出る軽石質火山灰土です。

通称バカ土と言われて 締め固まらなく地耐力が無いので

基礎工事では 厄介な土です。

 

 

見た目が 味噌のようなので味噌土

 

「長坂の家」は地盤調査の結果 地盤が悪く、改良工事を行いました。

地盤の悪い層には調査の結果通りに この味噌土がありました。

 

木造住宅の場合 建物に影響するのは基礎下から2mまで

その範囲での軟弱地盤の有無が地盤判定にかかわってきます。

 

敷地内でも同じ深さに均一に味噌土の層があるわけではありません。

それだけに厄介です。

 

今までの近隣での地盤調査の結果などで おおよその地盤の様子は分かりますが

地中の様子は 調査をしてみないと分からない部分がありますので

いつも調査結果は地盤の良い事をお祈りして待っています。。。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です