ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.03.20

山荘の改修工事

カテゴリ:, , ,  タグ:, ,

古い山荘の改修工事が始まります。

 

鉄板の屋根は錆だらけで落ち葉が堆積、ベランダは崩れ落ち、外壁はキツツキの穴だらけ

一見すると 放置された小屋のよう。。。

水道は引かれておらず、トイレも水栓ではありません。

雨水を利用するタンクが 建物の地下に埋め込まれています。

 

 

当初、敷地内に小さな小屋を建てようかというお話もありましたが

外部の劣化は修理するとして内部の雰囲気が良いので、どうにか改修が出来ないか検討。

 

 

葦や丸太や色々な素材を使用した繊細なつくりの山荘で

当時の建築家が設計した建物だと思われます。

 

 

室内の土間には 輪切りにした丸太が埋め込まれています。

 

今の建物には無い、いい味を醸し出している建物です。

 

 

 

 

ブレーカーが可愛い。。。 昭和38年12月の表記

 

水道を引込み、浄化槽を設置して給湯器を取付け

薪で焚くお風呂でしたが浴槽は交換して引き続き、薪で焚けるように

 

昔の味わいのある雰囲気を壊さずに 改修工事を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です