ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2017.11.10

北側開口の奨め

カテゴリ:,  タグ:,

事務所の周辺の紅葉も ピークを迎えております。

 

家づくりの計画で北側に眺めをとる開口をお奨めすることが多々あります。

開口部の断熱や機密性能が上がり、北側に開口部をとることも容易になりました。

 

 

 

事務所の駐車場のモミジです。

写真は南側から撮った様子

太陽の日差しを受けて 鮮やかに見えます。

 

 

 

こちらは 北側から撮った写真

逆光で 影が出てしまいます。

その分、陰影で立体感は強調されます。

 

このように 実は植栽が綺麗に見えるのは北側の庭なのです。

 

有名なお寺の鑑賞の庭は北側にあります。

山梨では 塩山の恵林寺もそうです。

 

田舎では裏側のお宅、北側からの視線が気にならない場所もあります。

増してや、北側の眺望が良いとなると鮮やかに見える北側に開口を

とらない手はありません。

 

南側の植栽が悪いわけではありません。

夏の日射遮蔽等の効果がありますので 大いにお奨めします。

 

南の庭は勿論のこと、北側にも庭を積極的につくった家も

近いうちにご紹介できると思います。

 

担当:山口


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です