施工例

甲府の家


まちなかの分譲地に建つ、白を基調としたガレージのある木の住まいです。
濃紺のスチール手摺りやOMソーラーのダクト、外壁に埋め込まれた琉球ガラスが、白を基調とした室内に映えます。
ゆるやかにつながった一体空間のリビングとダイニング。キッチンとダイニングの目隠しに仕切り壁を設けました。仕切り壁は目隠しのほかに、ダイニング側は壁掛けテレビを、リビング側はピアノを設置する役割も持ちます。
ご主人のこだわり〝あえてウナギの寝床的イメージ″で作った一面本棚の書斎スペース。間口が狭く奥行きが深い空間にすることで奥のカウンターデスクで静かに本が読めます。「家族で一緒に読書を」という時は、吹き抜けに面した2階ホールのファミリーコーナーで。
まちなかに合うすっきりとした外観、山口工務店風モダンな家になりました。