ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2022.04.29

「一宮の家」お引渡し

カテゴリ:, , ,  タグ:

先日 建築確認の完了検査のブログを紹介しました

「一宮の家」のお引渡し

建物の様子を少しご紹介します。

 

外観は そとん壁と板張りの組み合わせ

 

 

 

ご実家の一部を解体して建築しましたが

庭木を撤去せずに そのまま活かした配置計画になっています。

 

解体前の家の様子

 

 

LDKからは庭を見渡す大開口サッシ

薪ストーブは スキャンサーム エレメンツ603

かなりの存在感です。

 

リビングは 全開口サッシを使用

南向けて高くなる緩やかな勾配の敷地は自然の築山の役割を果たして

奥の植栽まで目が届きます。

 

キッチンはシンクとコンロをⅡ列に配置してシンクを対面に。

キッチンの左右両側には食品・納戸を設置しています。

 

玄関脇には 客間を配置

あえてリビングと隣接しませんでしたが

落ち着いた空間になりました。

 

2階通路スペースはあえて広めにとりました。

 

北側の仕事部屋から吹抜けのFIXへと視線が抜けます。

 

家づくりを計画的に進め、早め早めに動かれたお施主さま

予定通りに連休を利用して引越しを始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です