ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2021.12.17

寒いけれど、ジェラートが食べたくて。

カテゴリ: タグ:, ,

山梨で有名なお茶屋さん「春木屋」さん。
ひな人形の販売とお茶屋さんという少し変わったお店です。

以前から、なぜこの2つの組み合わせで商売しているのか不思議で、調べてみると

『ひな人形の販売期間1月~4月。5月~12月の人形を売らない時期にできる商売をしようと、同じ日本文化であるお茶に着目。人形を販売していない時期が一番茶のシーズンでもあるので、恰好の商品となった。』

と、マンガで分かりやすく説明されたものがありました。

今では二足のわらじの商売も珍しくはないですが、大正時代からこのような商売をおこなっていたとは…!山梨が誇る老舗店です。

 

 

 

店内に入ると、煎茶、番茶、茎茶、ほうじ茶、抹茶、昆布茶…。

粉末もあれば、ティーパックもあり、お茶の種類や商品数に驚きます!!

ジェラート目的でお店に入るのですが、必ず店内を一周してしまいます。

 

数年前から抹茶のジェラートを販売しています。

お茶屋さんのジェラートということもあって、抹茶の濃さが3種類あります。

 

 

 

私は行くと必ず、抹茶プレミアムミルク(1番濃いやつ)とほうじ茶を選びます!

“ミルク”と名前についていますが、ミルク感はなく甘さも控えめ。

お茶の甘味と苦みがしっかり感じられる、濃厚なジェラートです。

 

この日は風もなく、ポカポカと暖かい陽気のなかで食べる冬のジェラートは最高でした(´艸`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です