ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2021.12.02

「わに塚の桜」を未来に

カテゴリ:,  タグ:

12月ですが、桜のお話です(笑)。

先日、何気なく ふるさと納税のサイトを眺めていた時に、

偶然、韮崎市の「わに塚の桜」のクラウドファンディングがあることを知りました。

 

わに塚の桜は、樹齢330年とされるエドヒガンサクラで、

桜の満開の季節には、満開の桜と、八ヶ岳や富士山、田園風景との写真を撮影するために、

県内外から多くの方が訪れる、全国的にも有名な桜の樹です。

そのわに塚の桜が、2014年の記録的な豪雪や、たびたび起きる台風などの影響で、

太い枝が折れるなど大きな被害があり、年々元気がなくなってきているそうです。

 

この写真は今年3月に撮ったものですが、確かに以前に比べて枝がだいぶ少なくなっている気がします。

2014年の豪雪が降る前のわに塚の桜の写真が、以前のブログにありました。

「八ヶ岳、家つくり日誌」2013年3月29日 〝わに塚の桜‴咲く

 

 

樹齢330年といえば、老木なのかと思ったら、きちんと手入れをすれば、樹齢1500年までもつそうです。

こんなきれいな桜の花を、はるか遠くの未来まで長く咲かせ続けて欲しいものです。

 

クラウドファンディングの募集を初めてから約2ヵ月ほどが過ぎ、

全国の方々から多くの支援が集まっているようですが、目標額まではあと少し…。

 

~クラウドファンディングの概要~

募集期間:2021年10月4日~2022年1月2日(91日間)

お礼の品わに塚のサクラ関連商品をはじめとする韮崎市特産品
詳細URLhttps://www.furusato-tax.jp/gcf/1377

 

わたしのように韮崎市民は、ふるさと納税での支援はできませんが、

韮崎市役所で寄付を受付ているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です