ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2021.05.26

かんたん梅仕事

カテゴリ: タグ:

今年は、庭の梅が早く実って、いつもの年よりだいぶ早くに始めた梅仕事。

最初に作ったカリカリ梅は、にがりも卵の殻も使わなかったのに、

使用した塩がにがり成分たっぷりだったのか(笑)、

自分でも驚くほどカリカリに美味しく仕上がりました。

 

カリカリ梅が上手に出来たので、よ~し、では次の梅仕事を(笑)。

次もかんたんに出来る梅の昆布漬けを作りました。

山梨県民は、この梅の昆布漬けがものすごく好きらしく、

梅が実る時期になると、山梨県の塩昆布の販売量がすごい、

という記事をみたことがあります。

塩昆布漬けは簡単に出来て、お茶うけにぴったり、

ポリポリポリポリ、食べ始めると止まりません(笑)。

 

梅の昆布漬けを作る時に、山梨県民の多くが使用するらしいのが、

梅の昆布漬けと同様に県民大好きなご当地調味料、テンヨのビミサン。

 

子供の頃からCMなどで馴染みが深く、このパッケージを見ると、

♪テンヨの~♪とCMの歌をついつい口ずさんでしまいます。

甘さの無い濃いめの味が特徴のだしつゆで、醤油としても使用できるほど。

1964年発売のロングセラー商品です。

ボトルは昔とはだいぶ変わりましたが、ラベルの女の子は変わらないですね。

この女の子の絵、絵本『モチモチの木』で有名な滝平次郎氏の作品です。

どうりで、どこかで見たことがあると思った~(笑)。

 

さて、かんたん梅仕事の第2弾として作った、この小梅の塩昆布漬けが家族に好評だったので、

梅が落ち切らないうちに収穫して、次なるかんたん梅仕事を始めようと思います。

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です