ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2021.03.27

わに塚の桜と、武田廣神社の桜

カテゴリ:,  タグ:,

火曜日のブログに続き、今回も桜ブログです✿笑

 

今週末に見頃になると開花予想が出ていた韮崎市の『わに塚の桜』を昨日、見に行ってきました。

混雑を避けるため早朝に出掛けたのですが、わに塚の桜の周りはすでにたくさんのカメラマンが。

一眼レフカメラと三脚持参で本格的に撮影する方々の中、スマホで撮った写真をどうぞご覧ください(笑)。

 

わに塚の桜は、推定樹齢約330年といわれるエドヒガンサクラで、

幹周り3.6メートル、樹の高さ17メートルという、大きな1本桜です。

見るたびに思うのですが、わに塚の桜は姿形が本当に美しい。

 

 

今週が見頃との予想通り、満開の花を咲かせていました。

桜の根元に植えられた花々と桜がよく合ってキレイですね。

 

 

昨日は絶好の撮影日和!

桜と残雪の八ヶ岳の姿を一枚の写真に収めることができるのが、わに塚の桜がカメラマンに人気の理由のひとつ。一眼レフではなくスマホなので桜の全景が撮れず一部ですが(笑)、満開の桜と八ヶ岳を一緒に撮れて良かったです。

 

 

有名な桜の名所ではありませんが、

わに塚の桜の駐車場の隣り『武田廣神社』の桜も見頃になっていました。

もう10数年前になりますが、ブログでわに塚の桜のことを初めて書いた時、

ホームオーナーさんからこの神社の桜もきれいだよと教えていただいたことがありました。

 

 

武田廣神社は、弥生時代の末期に日本武尊の御子である武田王を祀ったことに始まると言われる神社です。

武田王の亡骸はわに塚に納められ、「桜の御殿」と呼ばれた館跡には霊廟が建立され、その霊廟が武田廣神社の起源と云われているそうです。

わに塚と共に、桜にゆかりがある神社なのですね。

 

ちなみに、ノーベル賞を受賞された韮崎市出身の大村智先生が書かれた額束が拝殿に飾られています。

上の写真にすこ~しだけ写っています・・・と言っても分からないですよね(;’∀’)

 

こちらの桜は、わに塚の桜とは種類が違うようですね。

ソメイヨシノでしょうか。

武田廣神社の桜越しに、鮮やかなピンク色に染まる わに塚の桜が見えます。

 

 

 

 


記事をシェア

2 件のコメント

  • ナナミちゃんのカカトト より:

    素晴らしいです
    見に行かずに感動!! 出来ました。

    • yamaguchi より:

      ナナミちゃんのカカトトさん、こんにちは。
      そう言っていただけて良かったです。
      お休みの早朝に行った甲斐がありました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です