ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2020.09.17

野に咲く花

カテゴリ: タグ:,

朝晩だけでなく日中もだいぶ気温が下がり、過ごしやすくなりました。

涼しくなってくると、ちょっと散歩でもしよう、という気分になります。

昨日、会社の周りをぶらり散歩してみたら、色んな野の花が咲いていました。

どちらかというと「花より団子」で、あまり花の名を知らないので、

花の名前とどんな花なのか、調べてみました。

 


『イヌタデ』

見慣れた雑草ですが、よく見てみるとピンクの粒粒が可愛い。

おままごとで、この花をバラバラにしてご飯に見立てたことから、

アカマンマという別名がついたとか。確かに、米粒みたいに見えます。

子供の頃、おままごとよりも秘密基地づくりや木登りをしていたからか、

そんな遊び方があったとは知らなかった~(笑)。

 


『カタバミ』

ハートの形の葉が、まるでクローバーみたい。

黄色の花は日が当たる日中に咲き、夜や曇っている時は閉じてしまうとか。

可愛い見た目と違って、深く根を張って駆除が大変な雑草らしいので、庭に生えてきた場合は要注意です。

 

『ゲンノショウコ』

漢字で書くと『現之証拠』。

薬草として江戸時代の初め頃から用いられてきたそうで、

服用するとたちまち効き目が得られたことから、その名がついたとか。

見落としてしまいそうな小さな花の名前が、

そんなゴツイ感じのする名前だったとは、ちょっと驚きです。

 


『野紺菊(ノコンギク)』

野菊だということはすぐに分かりましたが(笑)、

ノコンギクとヨメナのどちらからしいけれど、見分けが難しい。

どちらなのか悩みましたが、葉の手触りで比べるのが一番見分けやすい方法だとか。

ノコンギクの葉→ザラザラ

ヨメナの葉→ツルツル

葉を触ってみたら、葉の両面ともザラザラ!なので、これはノコンギク。

よく見ると、いろんな虫が花に集まってます。

 

 

『待宵草(マツヨイグサ)』

待宵草にも何種類かあるようですが、特定できず・・・。

待宵草と月見草は、同じマツヨイグサ属の植物。

繁殖力が弱かった月見草は一度姿を消してしまい、繁殖力が高い待宵草は各地で繁殖し、

待宵草を月見草と呼ぶ人が増えたとか。

「富嶽百景」で太宰治が「富士には月見草がよく似合ふ」と描写した月見草は、

「黄金色をした」という表現からこの待宵草だったのでは、と言われているそうです。

 

 


散歩中に見た中で、一番かわいい、と思ったのがこの白い花。

『ニラ』の花です。

観賞用のハナニラではなく、食べられるニラに咲いた花。

花もニラ同様食べられるようです。お浸しにしたり、天ぷらにしたり、、、

気付いたら、結局最後は「花より団子」になってました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です