ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2020.08.08

15年目のひまわり

カテゴリ: タグ:,

2006年8月7日にスタートした、このブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」。

コツコツと書き続け、今年、15年目を迎えました。

 

このブログをスタートした翌日、8月8日に明野のひまわり畑のことを書いてから、

毎年8月8日のブログは、ひまわり畑のことを書くのが恒例になっています。

映画「いま、会いにゆきます」のロケ地として有名になった、明野のひまわり畑。

八ヶ岳、南アルプス、富士山を望む、素晴らしい景色の中に咲く、約60万本のひまわりを見ようと、毎年、県内外からたくさんの方々が訪れ、北杜市の夏の風物詩になっています。

 

7月にブログで書かせていただきましたが、残念なことに、今年はいつもとはまったく様子が違っています。

密を避けるため種を蒔くことが出来ず、今年のひまわり畑にはひまわりの花が咲いていません。

ひまわりが咲いていない、今年の明野のひまわり畑。

いつもなら、遠くに見える八ヶ岳を背景に咲く、ひまわりを見ることが出来るのですが…。

 

メイン会場のひまわり畑。

去年の種が落ちて大きくなったのでしょう。

生い茂る雑草の中に、ひまわりの花が咲いています。

 

砂利敷きだった駐車場も、今年、舗装されました。

きれいに舗装された大駐車場は、たくさんの車で賑わっていたはず。

 

茅ヶ岳広域農道沿いの小さなひまわりは、いつもの年と同じように植えられています。

小さな花ですが、ここにひまわりの花が咲いていることが嬉しい。

 


道路沿いに咲く、ひまわりの花。
ひまわり畑にひまわりが植えられていないということを知らずにいらした方々が、
この小さなひまわりを前に、写真を撮る姿を何度となく見かけました。
 
ひまわり畑に、ひまわりが咲かない夏が来るなんて想像もしなかったことで、
毎年、夏になれば、明野のひまわり畑にはひまわりが咲いていて、
観光客の方々で賑わっているのが、当たり前だと思っていました。
今までの日常が戻り、来年の8月8日のブログでは、たくさんのひまわりが咲き誇っている、
明野のひまわり畑の光景をお伝えできることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です