ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.11.01

「南アルプスの家」土台敷き

カテゴリ:, ,  タグ:, ,

南アルプス市で 土台の敷き込みを行っています。

 

大屋根のほぼ平屋のような家で基礎が大きい。

勿論 土台の敷き込みにも時間がかかります。

 

 

土台と大引きを910mm角に組みます。

ベタ基礎の土間コンクリート下には 防湿シートが敷き込まれ地中からの湿気を遮断します。

OMソーラーの暖かい熱が 外気に逃げないように外周部の内側には断熱を張ってあります。

 

 

 

土台敷き込みが終わると床下地に構造用合板28mmを張っていきます。

壁面の垂直方向だけでなく 床面の水平方向も固めることにより耐震性能を高めます。

車でいうところの ”モノコックボディ”

 

最近では 床の下地を行い、外部足場を組んでから建て方を行います。

作業性や安全性が高まります。

 

土台敷きの応援に来てくれたのは山梨県では 珍しい女性大工さん

 

週末に建て方を行います。

 

 

 


</p

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です