ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.06.08

今年の梅仕事

カテゴリ:, ,  タグ:,

昨日から山梨も梅雨入りしました。

ほぼ例年通りの梅雨入りだとか・・・。梅雨が明けると今年は暑くなるのか、

それとも涼しい夏になるのか、気になるところです。

 

さて、梅雨の時期は、まさしく梅の実が収穫できるようになる頃。

今ではいろんな果実が季節を問わず収穫できるようになりましたが、

梅はこの季節だけのお楽しみです。そして、梅仕事もこの季節だけの楽しみ。

 

我が家の庭の梅の木の小梅が今年はたくさん実り、小さなバケツいっぱいの小梅を収穫できました。

 

 

 

手が大きいので、梅が小さく見えますが・・・(笑)

虫食いも少なくて、良い梅です。

せっかく実った小梅を使わないのはもったいない。

今年はこの小梅で、簡単に作れる、

梅の塩昆布醤油漬け、梅シロップ、梅酒を作ることにしました。

 

まずは、漬ける前の作業を。

数時間、梅を水につけてアク抜きをして、実を傷つけないように優しく丁寧に洗います。

洗った梅の実をひとつひとつ、きれいな布巾で拭きながらへたを取っていきます。

乾かしている間に、漬けるための容器を準備。

煮沸消毒が良いのですが、大きな瓶はそうもいかないなので、

キレイに洗った後に、強めのアルコールで丁寧に拭いて消毒します。

さて、ここまでが一番面倒な作業。

あとは、梅の実と材料をいっしょに漬け込むだけ…。

 

 

 

 

小梅の塩昆布と醤油漬け。

小梅→塩昆布→小梅→塩昆布・・・と繰り返し、ミルフィーユ状に小梅と塩昆布を重ねます。

そこへ醤油をひたひたに注ぐだけで漬け込み完了。保存は冷蔵庫で。

漬けてから3日目くらいから食べられます。

梅を食べて残ったつけ汁は、昆布のダシが出た美味しい調味料として使用できます。

ちなみに、わたしは醤油で作りましたが、山梨県民ご愛用品の調味料『ビミサン』で漬ける方が多いようです。

麺つゆでも良いそうですが、味が濃いビミサンの方がより美味しくできるそうです。

 

 

 

小梅で梅シロップ、初めて作りました。

小梅1:氷砂糖1の割合です。

こちらも梅と氷砂糖をミルフィーユ状に重ねて。

このまま常温で保存、1日1~2回、ガラス容器をゆすりながら

「美味しくな~れ」と呪文をかけています(笑)。

1週間から10日程で氷砂糖が溶けきったら、

梅を取り出して、シロップは消毒した瓶などに入れて冷蔵庫に。

出来上がった梅シロップは、水や炭酸水、牛乳で割って飲みます。

 

 

 

 

 

最後に、残った小梅をすべて梅酒に(笑)。

小梅で梅酒も初挑戦です。

以前、焼酎とブランデーで梅酒を作りましたが、

我が家ではブランデーの梅酒が好評だったので、今回はブランデーだけに。

小梅1㎏:氷砂糖1㎏:ブランデー1.8ℓの分量で、かなり甘めに作ってみました。

涼しいところに置いて、「美味しくな~れ」と呪文をかけながらゆすっています。

梅酒は3ヵ月ほどで飲めるようになりますが、

1年以上置いて熟成するのを待ちたいと思います。

 

自分で作ると、時にはちょっとすっぱかったり、失敗もありますが(笑)、

梅が漬かっていく様子を毎日眺めながら待つのは、日々の小さな楽しみになったりもします。

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です