ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.06.01

山梨生まれのマスタード

カテゴリ: タグ:,

今日は、笛吹市の新しい名産品にしようと考えられた、マスタードをご紹介します。

笛吹の土地柄を生かして作られている「ふえふきマスタード」

 

 

粒マスタードは主原料は「からし菜」の種。それにワインビネガー(お酢)やはちみつ、

塩を加えて作られたもの。

 

からし菜って・・・おひたしや炒め物などで食べる、あのぴりっとした辛味のある葉っぱ。

あの葉っぱの種がマスタードの原料だなんて!!・・・知りませんでした(-_-;)

 

高齢化に伴い、農作地が荒れてしまっている場所にからし菜を植え、春に菜の花のような黄色い花が

咲き、満開の桃の花とともに、観光で訪れた人の目を楽しませてくれます。

 

そして、笛吹市はぶどうの生産が盛ん。間引いた未熟ぶどう果汁を使い、

からし菜の種を漬け込み作ります。(マスタードの本場フランスでは、カラシナの種は

ぶどう果汁に漬け込むのが伝統的な製法とされているそう。)

 

ぶどう果汁に漬け込まれてつくられているので、

よく食べているマスタードよりさわやかでさっぱりとした味です。

 

 

そしてフレーバーマスタード(すももとワインフレーバー)も販売されており、

ワインフレーバーも買ってみました。ワイン搾汁後の果実が入っているので色がワイン色。

味もワインの風味をほんのり感じられます◎

 

県内だと岡島の地下に出来た新しい売り場

「山梨セレクション」に置いてあります。(ネットでも購入可)

 

このマスタードを考えたのは笛吹市地域おこし協力隊のお二人。

県外から笛吹市に移住し、「笛吹市をもっとよくしたい」という所からマスタードが生まれました。

“ゼロから何かを生み出し、行動する”ことはそう簡単にはできません。

 

…と、このマスタードでだいぶ語ってしまいました。笑

 

いきさつはともかく(笑)さわやかで食べやすいマスタードですので、

気になった方はぜひお試しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です