ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.04.05

生ごみのこと

カテゴリ:,  タグ:,

今朝は春の陽気になりました。

暖かくなると心がウキウキしてきますが、

暖かくなると気になることもあります。

 

それは生ごみのこと。

 

片付けを始めて、暮らし方を考えるようになり、

ごみの削減をもっと頑張って、ごみ出しの回数を減らそうと

思うようになりました。

 

けれど、

暖かくなると生ごみの臭いが出やすくなるので、

いつまでも生ごみを家に置いておくのも嫌だし、、、、

 

田舎なので、庭にコンポストを置くこともできますが、

畑で野菜を作っているわけではないので、

コンポストで作った大量の堆肥も使いきれないし、、、、

 

 

昔々、ずっと昔(笑)、

外で使用するタイプの生ごみ処理機を購入したことがありました。

それは細かく刻むタイプのものでしたが、可燃ゴミに出すのにも、

臭いもきつくて細かくなったごみの処理が大変でした。

 

 

なにか良い方法はないのか・・・と調べたところ、

こんなものを見つけました。

 

 

生ごみを乾燥するタイプの生ごみ処理機。

「パリパリキューブ」という商品ですが、

いま、生ごみ処理機は乾燥タイプが売れ筋のようです。

 

大きさが分かりづらいと思いますが、すごくコンパクト。

デザインもすっきりとしているので、おしゃれな家電品にしか見えない・・・(笑)。

 

ちなみに・・・・

 

 

生ごみを乾燥させた後です・・・。お食事中の方は申し訳ございません(;’∀’)汗

 

入れるごみにもよりますが、野菜などからは嫌な臭いはしないです。

野菜が乾燥した香りがするだけ。

名前の通り、ごみがパリパリになるので、そのまま可燃ごみに出すことができます。

水気も飛ぶので、ごみが軽くなって、目的通り、ごみ出しの回数が減りました。

我が家での置き場所は、キッチン裏の収納庫の片隅。

夜に乾燥させると朝にはカラカラに。

我が家は少人数の家族、そして、ごみを削減させたいので、あえて小さなタイプに。

野菜の皮は、細かく刻んでお味噌汁やスープに入れたり、

皮だけ集めてきんぴらにしたり、食べきる調理を心がけます。

 

パリパリキューブ以外にも、もっと大きな乾燥タイプの生ごみ処理機も発売されています。

自治体によっては、生ごみ処理機に補助金を出しているところもあります。

(※補助金の額や補助金が出る機種は自治体によって違いますので、自治体のHPでご確認ください。)

 

 

生ごみ処理機で乾燥させた生ごみは肥料として使うことも。

プランターの中に入れた土と乾燥させた生ごみを混ぜて肥料として使えば、

野菜やお花を育てるのに役立ちます。

 

 

生ごみ処理機は電気を使用しますし、地域や家庭によってごみ出しの事情も違います。

退職する歳になったら、畑で野菜作りをつくりたいと思うので、

その時はコンポストで堆肥をつくるかもしれません。

自分にあった方法で、無理せず、環境にもやさしく、

ていねいに暮らしを整えていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です