ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2019.03.09

お手入れ

カテゴリ: タグ:,

♪~3月の風に~想いをのせて~

桜のつぼみは春へと続きます~♪

 

山梨出身レミオロメンの歌「3月9日」の歌詞です。

今日は3月9日・・・・(笑)。

まだまだ寒いですが、通勤途中に桜のつぼみを見つけました。

春はもうすぐですね。

 

 

さて、話は変わりまして、、、、

 

ちょっと前から気になっていた設計室の珪藻土の壁。

額を飾っていた場所に傷と汚れがついてしまっています。。。

 

 

 

大きな傷や凹みではないので、自分でお手入れをしてみます。

 

 

 

 

まずは、軽い汚れは消しゴムで落とします。

用意するのは白いきれいなプラスチック消しゴム。

 

 

 

手垢や鉛筆のあとなどの、表面上の汚れは消しゴムで落とすことができます。

この時、ポイントは「やさしく」です。

ゴシゴシ擦ってしまうと、珪藻土も剥げてしまいますので、

やさしく、やさしく、汚れを消していきます。

 

 

設計室の壁は額の角があたったことで出来た凹みもあるので、、、、

 

 

 

凹みは、ウエスを使用します。

こちらも消しゴム同様、白くてきれいなものを。

柔らかいTシャツのような生地が使いやすくておススメです。

着なくなったTシャツや、シーツなど、時間がある時にお掃除用に小さく切っておくと、

普段のお掃除や、ワックス掛けなどの時にも使えてとっても便利です。

 

 

 

 

ウエスは濡らして、しっかり絞って使用します。

こちらも消しゴム同様、ポイントは「やさしく」です。

トントンとたたくようにしながら、凹みをやさしく、やさしく、埋めていきます。

 

 

 

ちょっとの時間で、傷や汚れが気にならない程度にキレイになりました(^^♪

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です