ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2018.10.04

土間 白洲土タタキ

カテゴリ:, ,  タグ:, ,

明野の家 ポーチや玄関内部の土間の仕上げ工事中です。

 

 

左官屋さんが土間に塗っているのは 白洲土タタキ

昔ながらの土間タタキの風合いがあり、当社では標準仕様として使用しております。

 

 

 

 

教科書で教わった鹿児島のシラス台地のシラスです。

火山灰の特殊な灰で 地下マグマの3000℃もの熱で生成された天然のセラミック素材

 

調湿・消臭・殺菌効果があり、100%自然素材

 

 

建て替えなどで取り壊した場合でも 自然の土に還る環境に配慮した建築材です。
役目を終えた時、自然に還るものを選ぶことも 次世代のために大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です