ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2018.08.03

高原アートギャラリー八ヶ岳

カテゴリ:,  タグ:,

昨年の夏、大泉町にお住いのオーナーさまから「古澤さんが好きな食器が売っているお店があるよ」と、

教えていただいたお店に、一年振りに行ってきました。

 

 

 

 

レインボーラインからちょっと道を入ったところにある、『高原アートギャラリー八ヶ岳』。

森の中にひっそりと隠れるかのようにギャラリーがあります。

 

 

 

 

ギャッペなどの絨毯の展示販売がメインのギャラリーですが、

ガラス製品や、ポーランドの食器ポーリッシュポタリーを扱っているお店スペースもあります。

 

 

 

 

駐車場からグルっと回り込むと、お店が見えてきます。

森の中のオシャレなカフェという雰囲気ですが、カフェではありません。

 

 

 

 

ポーリッシュポタリーの数はそれほど多くはありませんが、

置いてある食器のデザインが私的にツボです。(笑)

昨年、小さなカップとお皿数枚を購入しましたが、

洋食に和食に、どんな料理にも合い、とても丈夫なのでほぼ毎日、食卓に登場しています。

 

 

 

 

作家作品の吹きガラスは、ひとつひとつが大きさや色も微妙に違い、

ガラスのその涼しげな趣きが今年の夏は特に魅力的に感じます。

花瓶、一輪挿し、グラス、お皿など、いろいろガラス製品があり、見ているだけで楽しいです。

 

 

 

 

今回のお買い物は、ポーリッシュポタリーのマグカップと、吹きガラスのグラス。

 

ポーリッシュポタリーのマグカップは、くびれがありぽってりとした形が特徴的ですが、

〝ポーランドは寒い国なので、両手で包み込むように持って手を暖めたり、

入れた飲み物が冷めにくいようにこの形になった″、とお店のスタッフさんが教えてくれました。

大きいサイズを購入したので、スープを入れて飲むのにも良さそう。

 

吹きガラスのグラスには、ステック野菜を入れたり、デザートを入れたりと、

どちらも役立ちそうです。

 

 

 

開館スケージュールは『高原アートギャラリー八ヶ岳』のHPで確認してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です