ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2018.02.27

加工場は今

カテゴリ:,  タグ:, ,

事務所の近くの加工場では いつもの通りに職人さんが作業をしています。

 

 

「明野の家」 篠原棟梁が 造作材の木取り・加工をしています。

造作材とは建具を取り付ける枠や巾木などの材のことを言います。

 

住宅メーカーや町場の工務店の多くは枠材は既成建具とセットになったもの

巾木も既成のものをカットして使っています。

この既成品、木に見えるけど 樹脂化粧シートで出来ています。

古くなるほど味わいが増す経年美を愉しむ木の家には合いません。

 

 

家具の製作職人は「大泉の家」の家具つくりにおわれています。

 

本日で製作は終わり、明日からは現場での取付け作業が始まります。

3月末の引越しが決まっていますが どうにか目処がついてきました。

 

お引渡しが終わったお施主さまからテーブルやベッドの製作依頼を

受けていますので そちらも早く製作しなければなりません。。。

 

ブログ担当:山口


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です