ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2017.11.23

薪ストーブの季節になりました

カテゴリ:,  タグ:,

ここ数週間でガクッと気温が下がり、事務所でも薪ストーブを使い始めています。

今日みたいなお天気がよくない日は、薪ストーブ日和。

オレンジ色の炎で心もポカポカしてきます(#^.^#)

 

 

燃えている火を見ていると、なにか焼きたくなるのは私だけでしょうか…?笑

薪ストーブといえば、やっぱり焼き芋です!笑

 

 

寒くなると、アツアツでホクホク焼き芋を食べたくなります( *´艸`)

 

 

薪ストーブで焼き芋を作るには、

まず焼き芋に新聞紙を包んで水でよーく濡らしてアルミホイルに包みます。

 

 

燃えて炭になっている薪などを周囲に寄せて、芋たちに直接触れないようにいれます。

燃え盛る火の中に入れたい気分ですが、薪ストーブクッキングの1番のポイントは

熾火(おきび)の状態を自在に作りだせるかどうかにかかっているそうです。

※熾火:薪などが燃えて炭火のようになった状態のこと

…といっても難しいので、火が落ち着いて薪が炭状態になっている時に入れれば良いと思います。

 

30分~1時間弱、お芋の様子を見ながら焼いていきます。

焦らずじっくりです。笑

 

 

皮にも少し焼き色がつき、割ってみるとほわ~っといい香り。

ホクホクで甘くて、寒い冬も良いなあ~!と思ってしまいます◎

薪ストーブをお持ちの皆さま、ぜひおいしい焼き芋を食べてみて下さい( ^ω^ )

 

ブログ担当:菜月


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です