ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2017.09.26

神社 神殿の修繕

カテゴリ:, ,  タグ:,

今年から地元の神社の氏子総代をしていますが

以前のブログで紹介しました春の祭典の準備中に

神殿の土台が朽ちているのに気づきました。

柱も一部腐っており、このままでは いずれは神殿本体が壊れてしまう。

 

 

 

 

そこで、氏子の方々の同意を得て神殿の修繕を行うことにしました。

修理とは言え、神殿に手を加えるので宮司さまをお呼びして工事の安全を祈念

 

 

 

 

神殿自体は いつ頃に作られたのか不明ですが かなり古い建物です。

神殿は30年以上前に距離にして1KM程の仁田平下村地区から坂道を人力で移動しました。

写真のロープは その時に使用したものらしい。

 

 

 

 

神殿本体を持ち上げる作業を どのように行うのかが一番の難題でした。

もしかすると ジャッキアップで神殿自体が崩れてしまうかもしれない。。。

現場監督、棟梁と頭を悩ませて どうにか土台の交換を行いました。

 

 

 

 

柱の一部は元々の材を使用、接木をして修理

 

 

 

 

来月上旬に行われる秋の祭典前に修繕が終わり ホッとしています。

地元に少しだけ恩返しも出来ました。

 

 

ブログ担当:山口


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です