ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2017.10.31

「明野の家」解体工事

カテゴリ:, , ,  タグ:

先週末、台風が近づく中 明野町で解体工事が始まりました。

 

 

 

工事を始める前に「棟切式」を行いました。

現場監督が屋根に上り 解体の安全を祈念してお酒で清めます。

 

 

オレンジ屋根の平屋部分を解体して息子さんご夫婦の住居を増築します。

 

 

瓦を撤去すると下には草らしきものが。。。

 

 

竹の葉です。

このように 竹の葉が一面にある光景は初めて見ました。

建物の周囲には竹藪がありますが、風で瓦下に入り込むにしては

均一で量が多く、あえて敷いたのかとも思われて謎です。

 

床下や外壁の一部にも竹の根が入り込んでおりました。

建物周りに竹がある場合は 建物に根が入り

悪さをしないようにしなければなりません。

 

解体した家から建具一部と曲がり梁を使います。

居間の中に土間があり、北側に見える八ヶ岳の眺めをとりこむ家になります。

ブログ担当:山口


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です