パッシブデザイン

自然のチカラで
心地よい暮らしを。

全国的に見ても有数の日照時間を誇る山梨県北杜市は、

太陽の恵みをたっぷりと享受できる地域といえます。

冬は太陽の熱で家全体を暖め、

夏はその熱でたっぷりとしたお湯を採る。

山口工務店は、そんな自然のチカラを活かした
家づくりをご提案しています。

パッシブデザインとは、特別な機械装置を使わずに、建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくりだす手法。冬は大きな南向きの窓からダイレクトゲインを取り込んだり、夏は大きな軒の出で日差しを遮ることで、室温の上昇を抑えます。冬は大きな屋根で暖めた空気を床下に送り込むことで家全体を暖め、夏はその熱でお湯を採ることもできるOMソーラーもその手法のひとつ。薪ストーブも自然の恵みを活かした暖房方法といえます。自然に寄り添い、自然の恵みを活かす…それは、山口工務店の家づくりの信条です。
OMソーラーのしくみ(冬)

屋根への日射を利用して、集熱パネルで空気を温めます。温まった空気を床下へ送り、蓄熱コンクリートに蓄熱しながら家全体を床から穏やかに床暖房します。外気を暖房に利用するため、常に暖かい新鮮な空気で換気します。夜間から明け方にかけては、蓄熱コンクリートからゆっくり放熱。居室だけでなく、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地のよい室内環境をつくります。

OMソーラーのしくみ(夏)

屋根で温めた空気を小屋裏から排気します。主に春から秋にかけて、温められた空気を使ってお湯を沸かします。お湯の温度は、約300Lの貯湯槽に貯めた水が、約50℃になります。浴槽にお湯を張ったり、シャワーに使えます。