ブログ「八ヶ岳、家つくり日誌」

2018.04.14

基礎工事

カテゴリ:, , ,  タグ:,

本日 静岡から現場の様子を見学に来られたお施主さまと打合せ

 

 

現在 基礎工事中で コンクリートの打設が終わり

来週には型枠を外して 埋戻しを行います。

 

 

コンクリートの打設前の鉄筋の様子

 

 

まちなかの分譲地と違い 敷地に傾斜があるのは当たり前

 

地盤調査を行い 地中の様子を確認します。

元々、山や農地だった場合には表層部が堆積物で軟弱な場合もあります。

その場合には軟弱層の下まで床掘を行います。

(地中深くまで 地盤が軟弱な場合には 杭工事などの地盤改良工事が必要になります。)

 

写真は デッキの基礎の様子

デッキの基礎というと コンクリートブロックで 簡単につくっていると思われがちです。

寒冷地の場合には 凍結深度も考慮して深くしなければなりません。

このデッキの基礎の場合 3/4は地中に埋まります。

 

霜柱で玄関ポーチの柱が浮き上がったということを

聞いたことがあります。

霜柱の力は侮れません。

 

 


 

 

 


記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です